お問い合わせ

付帯工事費用とは

こんにちは。
おうちの買い方相談室 姫路北店の瀬川です。

付帯工事費用とは本体工事に含まれない工事費用のことです。
門や塀などの外構工事、地盤工事、給排水・ガス工事、
電気設備会社が施工する配線や配管などの工事、古家解体など。
だいたい総費用の2割程度といわれています。

外構・造園工事

フェンスや門、アプローチ、駐車スペース、ウッドデッキ、植栽などの工事は
家の外観や機能上からも必要です。
予想以上の金額になってしまうこともあるので、家本体と並行して
計画することが大切です。

インフラ整備工事

その建物で暮らすためには上下水道やガス、電気などのインフラ設備が必要不可欠です。
これらはそれぞれ専門の設備会社が施工します。
その中でも一番注意が必要なのが水道で、敷地へ引き込みが済んでいない場合
思わぬ出費につながるので注意が必要です。

解体・造成工事

古家を解体したり、土地をならして地盤補強を行う場合なども費用がかかります。
特に解体が必要となる場合、建物の大きさや構造によって異なるので事前に確認しておくと安心です。

 

 

相談予約の際に『おうちの買い方 姫路北店のインスタ・facebook・HPを見たよ』と伝えて
ご予約いただいた方には「イオン商品券 1,000円」プレゼントキャンペーン中です!

関連記事

  1. 住宅ローンの返済方法

  2. 本体工事費用とは

  3. 家づくりにかかる費用

  4. 住宅予算の決め方

  5. 諸費用とは

  6. 住宅ローンの金利タイプ